アロハシャツ

大好きハワイアン♪  〜やっぱりハワイが好き!

ハワイといえばアロハシャツ

♪ハワイといえば・・アロハシャツ♪

日本時間
ハワイ時間
TOPページ
ハワイの基本情報
オアフ島〜観光都市
マウイ島〜マジックアイランド
ハワイ島〜ビッグアイランド
カウアイ島〜ガーデンアイランド
ハワイといえば・・レイ
ハワイといえば・・フラダンス
ハワイといえば・・ハワイ料理
ハワイといえば・・ハワイアンキルト
ハワイといえば・・アロハシャツ
ディナークルーズ
ポリネシアン文化センター
ハワイの楽器
ハワイアンソングでプチ旅行
お気に入りのハワイアンミュージック
プロフィール



リンク集TOP
リンクについて
ハワイ旅行のリンク集
ハワイに関するリンク集
海外旅行のリンク集・1
海外旅行のリンク集・2
海外旅行のリンク集・3
旅行のお役立ちリンク集・1
旅行のお役立ちリンク集・2
おでかけリンク集
音楽のリンク集
趣味のリンク集
写真のリンク集
料理のリンク集
お役立ちリンク集
みなさんは“アロハシャツ”という言葉を聞いて
どんなシャツが思い浮かびますか?
ヤシの木やパイナップル、ハイビスカスなど南国をイメージさせる
ハワイの代表的な柄がプリントされた
開襟でなんとも涼しげなあのシャツですよね。
ほとんどの人が頭に浮かんだと思いますが、
まだまだアロハシャツの歴史は意外と浅いものです。

またアロハシャツはズボンの中にシャツの裾を入れれば
結婚式などの正式な場所でも正装として認められるので
すごく便利ですよね。





《アロハシャツの歴史》
ハワイでのアロハシャツブームが1950年台。
そしてさかのぼること約20年の1930年台に
アロハシャツが誕生したと言われています。

そしてもっとさかのぼること約100年。
1820年頃にアメリカ本土からの開拓者達がハワイへやって来た時に
涼しくて動きやすいシャツはないものかということで、
着物(日本人が持ち込んだ着物)やチャイナ服をもとに作り
それを着て労働に励んでいたと言われています。

いわゆる労働者のための作業着だったんですね?!
その時からやはりアロハシャツ特有のあのデザインがなされていたそうです

ちなみに、商標登録などの関係上、本当は“アロハシャツ”でなく
“ハワイアンシャツ”と呼ぶらしいのですが
“ハワイアンシャツ”という言葉さえ初耳!という人がほとんどですよね



《デザイン・素材は?》
アロハシャツの素材は昔はレーヨンが主流でしたが、
シルク、綿、ポリエステルなどいろいろな素材があります。

ちなみに当時のレーヨンの技術は日本の技術が絡んでいたそうです。
金額は1000円位のものから高価なビンテージものまで様々。
日本でもアロハシャツのコレクターは意外に多いですよね
1点ものや珍しい柄、アロハシャツ初期の頃の貴重なものが
高額で売り買いされている様です。

定番はやっぱりヤシの木、パイナップル、ハイビスカスなど
ハワイ特有の柄ですがアロハシャツの柄は本当になんでもあり!
という感じにいろいろな柄があります。

日本に帰ってそんなに着ることないのに、珍しい柄!とかハワイらしい!
という旅の記念に!みたいな感覚で行く度についつい買ってしまいます。
・・とは言っても私の買うのはただの旅の記念なので
○千円位のお手頃なものですが・・。



《ヒロ・ハッティ》
ハワイの“ヒロ・ハッティ”というお店。
観光ツアーなどの最後にこの店(ニミッツ本店)があったり、
このお店の前に停まる無料バスが運行していたりということで
行った事がある人は結構いると思いますが、
ここはアロハシャツの製造業者として多くの賞を受賞した会社で、
ギネスブックにものった
世界最大のアロハシャツ
入り口にドーンと飾られています(本店に)
ちなみにハワイに8店舗、アメリカ本土に5店舗あるみたいです。



店内にはアロハやムームーだけでなく、ハワイアン雑貨など種類も豊富で
結構ここでお土産が事足りたりしますよね
昔は「ヒロ・ハッティの$3.95のアロハシャツ」として有名になったそうです。
※写真後ろはここで買ったアロハシャツのメモ帳です。
(ちなみに手前のアロハシャツの携帯ストラップはABCストアで購入)






  
スポンサードリンク
TOPへもどる
      Copyright (C) 大好きハワイアン♪〜やっぱりハワイが好き! All Rights Reserved